TOP > 今週のこの人 > THE BAWDIES

THE BAWDIES

――今回は、これまでのTHE BAWDIESの楽曲にはなかった、シタールも取り入れられたサイケデリックな要素もあるアレンジが新鮮でした。

ROY「アレンジに関しては、曲を作っていく中で『もっとこうしてみたらどうだろう?』っていうアイデアが俺らの中にもあったし、プロデューサーのNAOKIさん(LOVE PSYCHEDELICO)からもいただいたので、それを盛り込んでいろんなアイデアがはまっていきました。ひとつの色ではなくて、おっしゃっていただいたようなサイケデリックな感じだったり、カントリーっぽいものがあったり、ブラックミュージック、ソウル感もありつつ。いろんな要素が組み合わさりつつも、ひとつのロックンロールとして仕上がっているのが、この楽曲の特徴だと思います」

――シタールは、JIMさんが弾いているのですか?

JIM「そうです、初めて弾きました。このアレンジに関しては、NANOKIさんの力が大きかったですね。シタールをNAOKIさんが持っていたからこそできたアレンジですね」

JIM

――今回は、ドラマの劇中歌のインスト・ナンバー『HUNGRY』も作られていますね。

JIM「ドラマでパニックになると流れますね(笑)」

ROY 「そうそうそう(笑)。ドラマの制作の方から楽曲が複数あればと言われていて、ドラマの雰囲気に合うようにセッションで作った曲ですね」

――THE BAWDIESのセッションの風景っていうのは、どういう感じなんですか?

TAXMAN「最初にコードだけ決めて、リフをみんなで考えて、そこから発展させていく感じですね」

MARCY「リズムもそこに合うものをひとつだけ決めて、ひたすらそれを繰り返して、ちょっと展開が入ったら、そこのリズムを変えていく。みんなの音を聴きながら、その場で対応していく形です。いつものレコーディングよりは、気楽にできました(笑)」

――加えて今回のシングルには、THE BAWDIESが生まれるきっかけとなったバンド、ソニックスのカバー『SHOT DOWN』も収録されています。これまでは、敢えて発表してこなかったんですか?

ROY「そうですね。やっちゃいけない、タブーでしたね。ライブとかでやるのはよかったんですけど、音源化するのはね。俺らがソニックスの大ファンなので、ソニックス以外のバンドがソニックスの曲をやるのを別に聴きたいと思わなかったんで、やる必要がないだろうって思っていました。自分たちでは、一生音源化することもないだろうなって思っていたんですけど、今度一緒にツアーをやらせていただく、前座ではなくて対バンとして出るって気持ちで挑みたいので、その向かっていく気持ちを証明できるのは、彼らの曲を自分たちのカラーにしっかりと変換して出せたときじゃないかと思いました。一生やらないか、やるんだったら今しかないなと思って。だったら、今回はドラマの主題歌にもチャレンジしたので、もうひとつチャレンジしようと」

――みなさん、カバーしてみていかがでしたか?

MARCY「今まで、必死で真似てきたものだったので、考え方を新たに挑むのは難しかったですね。THE BAWDIESのオリジナル曲より、かなり力強くパワフルに叩きました」

JIM「思い入れ、リスペクトが強すぎるので、難しかったというか大変だったというか。オリジナル通りにやるのはあり得ないし、でも崩すのも怖いし、やり方を模索しました。でも結果、THE BAWDIESらしく仕上げられたと思います」

TAXMAN「ソニックスはソニックスが一番だと思っていたので、なかなか複雑な気持ちで挑みました。ソニックスが当時鳴らしていた頃とは、機材も違うし別の時代で僕らは音楽を鳴らしているわけだから、そこを上手く出せたらいいなと思って。ROYの声が乗れば、ソニックスに対するリスペクト心はわかってもらえると思ったので、いい意味でギターは遊ばせてもらいました」

――そして、3月末にはソニックスを迎えたツアー、6月には今年唯一のワンマンツアーが予定されています。

MARCY「ソニックスとのツアーはめちゃくちゃ楽しみです。今年唯一のワンマンツアーは、これまでツアーをたくさんしてきましたが、さらに成長したものを見せられるツアーにしたいなと思っています」

MARCY

――武道館以来のワンマンですよね。

ROY「そうです・・・・・・プレッシャーですか?」

――(笑)。いやいや、オーディエンスの期待度も相当なものかと思いますよ!

JIM「そうですね。THE BAWDIESは、これまでにすごいたくさんのライブをやってきましたが、今年は今までで一番少ないのかも。僕らはライブバンドなので、そこに賭ける思いは強いので、本数が少ないから厳しいかもしれないですが無理やりにでも予定を空けて見に来てほしいですね。生が一番ですから!」

TAXMAN「楽しいツアーになると思いますね。一度武道館をやったバンドってことで、今まで以上に期待される部分もあると思うので、期待に応えられるような一回り成長したTHE BAWDIESを見せられればいいなと。もちろん変わらない良さもあるんですけど、構成とかチャレンジしていけたらいいなと思っています」

ROY「いつもツアーは楽しんでやっていますし、お客さんに伝える気持ち、根本的なものは変わらないんですけど、今まで以上にタフにならなければいけないなと思います。何があっても引っ張っていくくらいの力強さ、ロックンロール・バンドとしてのタフさを今年はしっかりツアーで見せていきたいなと思っています」

Text●千葉明代 Photo●岩佐篤樹

PROFILE

小学校からの同級生であるROY(vo&b)、JIM(g&cho)、MARCY(ds&cho)と高校からの同級生であるTAXMAN(g&cho)で、'04年1月1日に結成。'09年4月メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』を、翌年4月に2nd『THERE’S NO TURNING BACK』、11年6月に3rdアルバム『LIVE THE LIFE I LOVE』をリリース。昨年11月、念願の日本武道館公演を大成功させる。今年3月29日(木)から、彼らがリスペクトしてやまないザ・ソニックスを迎えて東名阪ツアーを開催。6月からは、今年唯一のワンマン・ツアー「“ROCK ME BABY”TOUR 2012」を展開する。
オフィシャルホームページ


TICKET

「"ROCK ME BABY" TOUR 2012」

6月7(木) 新代田 FEVER
6月9(土) 横浜 BLITZ
6月12(火) 新潟 LOTS
6月14(木) 福井 響のホール
6月15(金) 京都 KBSホール
6月17(日) Zepp Fukuoka
6月19(火) BLUE LIVE 広島
6月21(木) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月23(土) Zepp Namba (OSAKA)
6月24(日) Zepp Nagoya
6月26(火) Zepp Tokyo
6月29(金) Zepp Sendai
7月1(日) Zepp Sapporo

公演・チケット情報



RELEASE

SINGLE
『ROCK ME BABY』
2月8日(水)リリース
1200円
GETTING BETTER
VICL-36690
Amazonでのご購入はこちら

LIVE DVD
『LIVE AT BUDOKAN 20111127』
3月14日(水)リリース
初回限定盤:5980円
VIZL-464
通常盤:3990円
VIBL-626
Amazonでのご購入はこちら


2012.02.07更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ