TOP > 今週のこの人 > T-ARA

少女時代、KARAの日本進出を機に大ブームが巻き起こったK-POP。以降、さまざまなアーティストが日本デビューを果たし、今やK-POPアーティストはチャート上位の常連に。ところが意外なことに、オリコン・ランキングを見てみると、デビュー曲でいきなり1位を獲ったアーティストはいなかった。その壁を初めて破ったのが、この7人組ガールズグループのT-ARAだ。昨年9月にネコのようなダンスを取り入れた『Bo peep Bo peep』で日本デビューを飾るや、オリコン・シングル・チャートで1位を獲得。韓国でも昨年はヒットを連発し、日韓両国で最も躍進したガールズグループとなった。ノリのノッテるT-ARAを直撃!

――初登場になりますので、T-ARAがどういうグループなのかを教えてください。

ソヨン

ソヨン

ソヨン「ひとことでいうと、とってもカワイイグループ(笑)。日本デビュー曲の『Bo peep Bo peep』ではネコになったし、11月の2ndシングル『yayaya』では、ネイティブアメリカンの女の子に。そして、今回の『Roly-Poly』では80年代ディスコの世界を再現しています。リリースごとにさまざまなコンセプトで、いろいろな魅力をお見せする。そんなところがT-ARA独自の特別な世界であり、愛される理由だと思います。デビュー曲『Bo peep Bo peep』で1位になれたのも、ネコダンスのおかげなんじゃないかな?」

ヒョミン「他のグループと比べると、多様性があるところがT-ARAの魅力。それに、T-ARAだけの特徴として、“リーダーが替わる”ということが挙げられます。初代リーダーはウンジョンさん、2代目はボラムさん、3代目が私で、4代目が今のリーダー、ソヨンさんです」

ソヨン「これは、事務所の社長のアイディアなのですが、リーダーを経験することで、ひとりひとり責任感も出るし、もっとグループに愛着がわくとという意図なんです」

ヒョミン「ちょうど日本デビューの時期にリーダーが私に替わったので、心配になりました〜。責任重大じゃないですか(笑)」

ウンジョン「私は、韓国でデビューするときリーダーだったんです。T-ARAのことを誰も知らない時期だったから大変でした」

ボラム「そうそう。デビューだったし、ウンジョンさんよりも年上のメンバーがいるのにリーダーになるって大変だったと思います。一番年上の私がリーダーになっても大変だったもん(笑)。2代目の私としては、ウンジョンさんから学んだことが多かったですね。それに、社長からいきなり“次の曲から君がリーダーだ”って言われるんですよ。いつ、誰がリーダーに指名されるかわかりません(笑)」

――T-ARAは、本当に仲が良いですよね。今も、取材というより、学校の休み時間みたい(笑)。ところで、みなさんは韓国の歌番組や各チャートで1位を獲得していますが、昨年10月には、日本でもデビュー曲『Bo peep Bo peep』でオリコン・チャート1位を獲得しました。デビュー曲で初週いきなり1位になった韓国アーティストは初めてなのですが、「オリコン・チャートで1位」ときいたとき、どう思いましたか。

ボラム

ボラム

ボラム「最初は本当に信じられませんでした! 日本のスタッフさんに何度も“本当に?”ってにきいたくらい(笑)。オリコン・チャートで1位になったということで、日本のTV番組がわざわざ韓国にまで取材に来てくださったんです。その時に、“あぁ、本当に1位を獲ったんだな〜”って実感しました。日本という外国で、多くの方に愛してもらって、1位を獲らせていただき本当に感動したし、感謝しています。またこれからも良い成績が残せるように頑張りたいです」

――11月には2ndシングル『yayaya』をリリースし、東京・名古屋・大阪で「X'masプレミアムLIVE」を行いましたが、ワンマン・ライブは初めてでしたよね。

ソヨン「はい。韓国でも日本でもT-ARAとしての単独ライブは初めての経験だったんです。だから、私達自身の期待もすごく大きくて、ワクワクしていました」

ボラム「私達が想像していた以上に、たくさんの方が来てくださって!」

ヒョミン「ライブは多くのファンの方と顔を合わせ、その存在を身近に感じて触れ合える場ですよね。私達の魅力を十分にお見せしたいし、一生懸命頑張らないといけないって思いながら臨みました。ステージの上から、私達のライブを見て泣いている方が見えたんです。同じように、私達もファンの方に感動をいただきました。だから、お返しできるように、もっと良いステージをお見せしなきゃ!って思ってます」

――そして今回、韓国で昨年大ヒットした『Roly-Poly』が日本語Ver.に! 『サタデー・ナイト・フィーバー』の時代にタイムスリップしたようなビジュアル・コンセプトですけれど、この曲はどんな曲ですか。

ウンジョン「女の子が、気になる男の子にかわいらしく気持ちを伝える曲です。でも、すっごくノリノリな曲」

ジヨン「ダンスが80年代っぽいんです。上手に踊ることより、楽しんで踊ることが大事なので、みなさんも、自分が一番イケテるって自信を持って踊ってください(笑)」

ウンジョン

ウンジョン

Text●坂本ゆかり Photo●平岩亨

PROFILE

メンバーは、ジヨン(1993年6月7日生まれ AB型 身長167cm)、ボラム(1986年3月22日生まれ A型 身長153.5cm)、キュリ(1986年12月12日生まれ O型 身長163cm)、ウンジョン(1988年12月12日生まれ O型 身長167cm)、ソヨン(1987年10月5日生まれ B型 身長163cm)、ヒョミン(1989年5月30日生まれ O型 身長167cm)、ファヨン(1993年4月22日生まれ O型 身長168cm)。2009年7月に韓国にてデビューしたスーパーマルチガールズグループ。2011年9月に発売した日本デビュー・シングル『Bo Peep Bo Peep』は海外グループ史上初のデビューシングルオリコンウィークリーチャート第1位を記録するという快挙を成し遂げた。

オフィシャルホームページ
T-ARAをお気に入り登録する

RELEASE

【初回限定版A】
『Roly-Poly』
CD+DVD
【CD】
1 Roly-Poly(Japanese ver.)
2 コジンマル〜嘘〜(Japanese ver.)
3 Roly-Poly(Japanese ver./inst)
4 コジンマル〜嘘〜(Japanese ver./inst)
【DVD】
1.Roly-Poly(Japanese ver.)MV
2. コジンマル〜嘘〜(Japanese ver.)MV

2月29日(水)リリース
1800円
EMI MUSIC JAPAN
TOCT-40383

Amazonでのご購入はこちら

【初回限定版B】
『Roly-Poly』
CD+DVD
【CD】
1 Roly-Poly(Japanese ver.)
2 Apple is A(Japanese ver.)
3 Roly-Poly(Japanese ver./inst)
4 Apple is A(Japanese ver./inst)
【DVD】
1.Roly-Poly(Japanese ver.)MV Dance feature ver.
2. Roly-Poly MV Making

2月29日(水)リリース
1800円
EMI MUSIC JAPAN
TOCT-40384

Amazonでのご購入はこちら

【通常版】
『Roly-Poly』
CD
【CD】
1 Roly-Poly(Japanese ver.)
2 Roly-Poly in コパカバーナ(Japanese ver.)
3 Roly-Poly(Japanese ver.)
4 Roly-Poly in コパカバーナ(Japanese ver.)
【ボーナストラック】
5.Bo Peep Bo Peep Live ver.(T-ARA First Show Case Live in SHIBUYA AX 2011.7.5)

2月29日(水)リリース
1100円
EMI MUSIC JAPAN
TOCT-40385

Amazonでのご購入はこちら


2012.02.28更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ