TOP > 今週のこの人 > サンボマスター

サンボマスター

サンボマスターが2年ぶりの6thアルバム『ロックンロール イズ ノットデッド』をリリースする。このタイトルに、バンドが掲げる信念のすべてが集約されていると言っても過言ではない。2011年、彼らは長年所属していた事務所とレコード会社を移籍し、ライブを重ねながら震災以降の日本で自分たちが鳴らすべき音楽を探求し、それを体現し続けた。その果ての揺るぎない答えとして完成させたのが本作である。僕たちはあなたの傷みや闇をぶっ潰したい——最強のラブソングとしてのロックンロールを響かせようとするサンボマスターの真髄が。ここに刻まれた。メンバー全員に話を聞いた。

――ストレートに刺さって、沁みて、鼓舞される。最強のラブソングとしてのロックンロールを響かせようとするサンボマスターの真髄が刻まれたアルバムだと思います。

山口隆 ありがとうございます! 箭内道彦先輩がすげえ褒めてくれたんですよね。「このアルバムはすごいよ! 宇宙だよ! ユニバーサルだよ!」って言ってくれて。まあ、CDジャケットの裏を見たら「ビクター」って書いてあるんですけど(笑)。

――あはははは。

山口 でも、ホントに今回のアルバムは一足先に聴いてくれたみなさんが一様に「すごくいいよ」って言ってくれて。自分たちも手応えがすごくあって。これで伝わらないならしょうがねえなって思うくらい納得のいくアルバムができましたね。

近藤洋一 ここまでのアルバムができて、安心した部分もあります。このアルバムを作るまでに、これまで所属していた事務所とレコード会社を離れて、そのあと震災もあって。これはすげえアルバムを作るしかないというモチベーションが3人とも高かったので。

山口 そうだね。ある意味では熱にうなされているうちに作らなきゃって感じがあった。

山口隆(唄とギター)

山口隆(唄とギター)

――木内さんはどうですか?

木内泰史 やっぱりこのアルバムを作るにあたって、去年の震災が大きく影響していて。日本人として、ひとりの人間として、いろんなことを考えた1年だったんですよね。震災直後は「これから音楽をやっていけるのかな?」とも思ったし、自分たちの無力さを痛感する局面もありました。でも、1年間いろんなことを考えながらライブをやるとお客さんがすごいパワーをくれるわけですよ。そこで、自分は音楽という道を選んだ以上、もっともっとやり切らなきゃいけないと思ったんですよね。そうやって、いろんな人にいろんな思いをもらったこの1年を、自分たちのロックンロールに変えて、このアルバムに注ぎ込むことができたと思います。

――最近のサンボのライブを観るとこれまで以上に自分たちのロックンロールを鳴らすことに迷いがないと思うし——いや、むしろ迷いさえもそのライブで取っ払っていくような力強さに胸を打たれるんですけど。お客さんと対峙しながら、音楽は無力じゃないということを体現し、証明するようなライブをやってるなって思う。

山口 うん。お客さんもね、東北の人に限らず心を痛めている人はホントに多いと思う。でも、ライブをやるとその人たちが跳ね返す力をくれるんですよ。それはすごいパワーで。周りのバンドマン——SLANGのKOさんやBRAHMANのTOSHI-LOWくん、怒髪天先輩、10-FEETのTAKUMAくんetc…——震災後すぐに行動に出た人たちがたくさんいた。これはホントに誇るべきことだと思うんですけど。ロック・ミュージシャンたちの行動の速さと強さというのは心強かったし、尊敬したし、大きな力をもらいました。俺たちもそこで感じた衝動を曲にしたいと思った。でも、それがすべてとも言いたくないんです。なんでかっていうと、それがビジネスの道具みたいになるのがすごくヤだから。リスナーには好きに聴いてもらっていいんです。ただ、僕らはみんなから力をもらった事実がある。その力たるものに名前を付けたいと思ったんですね。そのひとつが“ロックンロール イズ ノットデッド”という言葉になったんですけど。この言葉を今、自分たちが叫ばせてもらえるなら、思い切り叫びたいなって。

――所属していた事務所とレコード会社を離れたことで、新たな環境が整うまで自分たちの音楽活動の行く末も考えたと思うんですけど。そのあたりはどうだったんですか?

山口 それはね、あんまり心配してなかったんですよ。前の事務所とレコード会社を去年辞めて。でも、その時点で直近のツアーは決まっていたし、お客さんにチケットも買ってもらっていたから、ツアーは絶対やめられないと思って。そんなときにSMA(Sony Music Artists。現在の所属事務所)の原田(公一)会長の顔が浮かんで。前から原田会長とお会いするとロックの話とかして盛り上がってたんですよ。で、OT(奥田民生)先輩に電話して。「すみません、会長の電話番号教えてくれませんか?」って(笑)。それから原田会長に電話したんです。

木内 実際に原田さんもやる気満々でいてくださって。

山口 ありがたかったね。とにかく俺たちにはやることがいっぱいあったから。チャリティでもなんでも呼ばれたライブには出たかったし、その先にアルバムを作りたいと思っていたし。

木内泰史(ドラムスとコーラス)

木内泰史(ドラムスとコーラス)

――そういう時間を経て、2年ぶりのアルバムはどんな作品にしなきゃいけないと思いましたか?

山口 とにかく新しいことをやりたかった。それは何かっていうと、新しい傷みとか、新しい闇みたいなものをぶっ潰すアルバムを作りたかったんです。傷みとか闇って、新型ウイルスみたいなもので、どんどん形を変えて進化するじゃないですか。で、俺たちはそれに徹底的に抗う音楽を鳴らしたかったんですよね。お客さんやバンドマンたちからもらったパワーを循環すれば、そういうものが必ずできるとも思ったし。そんなことをメンバーと話しましたね。俺は大晦日に猪苗代湖ズで紅白に出させてもらって、それから朝までラジオをやって、元旦から曲作りを始めたんです。そこで一気に7曲くらいできて。

――ちなみにその7曲からこのアルバムに入ったものは?

山口 『静かに光り続けるもの』、『泣いてばかりじゃ見つからないぜ〜ハードコアスイートソウルの誕生〜』、『衝動バケモノ』あたりですね。前からあった曲の断片がグーッと伸びてくるものも多くて。『ロックンロール イズ ノットデッド』なんかもそうでしたね。こういう曲があったほうがいいんじゃないかという意見を2人にもらいながら曲を作っていきました。

近藤 2011年のライブで抱いた感情とか会場を包み込んでいた空気100%表現したいと思ったので。そのピースを埋めていくためにこういう曲もあったほうがいいんじゃないかという話をして。そのなかで『ロックンロール イズ ノットデット』というキーワードが出てきたときは特別な感触を覚えましたね。

木内 震災があって、もう音楽ができないかもしれないというところからスタートしましたけど、それでも1年間ライブをやってきて、お客さんからすごいパワーをもらって。やっぱりロックは死ななかった、これからも死なない、ということを体感したので。だからこのキーワードが出てきたときは、強い確信がありました。

近藤洋一(ベースとコーラス)

近藤洋一(ベースとコーラス)

――山口さんのなかで『ロックンロール イズ ノットデッド』というフレーズはどんなときに出てきたんですか?

山口 ひとつ大きかったのは、去年の夏にスペースシャワーTV主催の『SWEET LOVE SHOWER』というイベントで大トリをやらせてもらって。あのときのライブでね、アンコールで出ていくときに何か言おうと思ったらお客さんたちがこっちがしゃべれないくらい「ロックンロール! ロックンロール!」って叫んでいて。

――僕も現地にいましたけど、あの光景は否が応でもグッとくるものがありました。

山口 うん。すごかったですよね、お客さんのエネルギーが。悲しみを吹き飛ばすような「やるぞ!」っていうパワーに満ちていて。「ああ、やっぱりロックンロールってこういうことか!」って思いました。

――やはり『ロックンロール イズ ノットデッド』という曲ができてから、アルバムの道筋がグッと定まったんですか?

山口 この曲と、あと『あなたのことしか考えられない』の伸びもすごかったんです。

Text●三宅正一 Photo●吉田圭子

PROFILE

メンバーは、山口隆(唄とギター)、近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムスとコーラス)。2000年2月結成。同年4月に初ライブを行なう。2001年より都内で月3、4本のペースでライブを展開。2003年12月1stアルバム『新しき日本語ロックの道と光』をリリース。同作を携えて、初の全国ツアーを行なう。2004年夏には、FUJI ROCK FESTIVAL、ライジングサン、ROCK IN JAPAN FES.など大型フェスに多数出演を果たす。その後、観る者の魂を揺さぶるライブ・パフォーマンスで、フェスやイベントに欠かせない存在に。これまでに、5枚のオリジナル・アルバムをリリース。2010年山口は、松田晋二(THE BACK HORN)、渡辺俊美(TOKYO NO.1 SOUL SET)、箭内道彦と4人で「猪苗代湖ズ」を結成。2011年には、猪苗代湖ズで「第62回NHK紅白歌合戦」に出演する。6thアルバム『ロックンロール イズ ノットデッド』を携えた全国ツアーを9月17日(月)沖縄ナムラホールからスタートさせる。

オフィシャルホームページ


TICKET

「ロックンロール イズ ノットデッド ツアー」
9月17日(月) 沖縄ナムラホール
9月21日(金) 熊本DRUM Be-9 V1
9月23日(日) 福岡DRUM LOGOS
9月27日(木) 仙台Rensa
9月29日(土) 郡山HIP SHOT
10月8(月)   新潟LOTS
10月12日(金) 高知X-pt.
10月14日(日) 高松オリーブホール
10月19日(金) 大阪Zepp Namba OSAKA
10月21日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月26日(金) 愛知ZEPP NAGOYA
11月2日(金)  広島CLUB QUATTRO
11月4(日)   金沢AZ
11月9日(金)  札幌ペニーレーン24
11月15日(木) 東京ZEPP DIVERCITY TOKYO
11月16日(金) 東京ZEPP DIVERCITY TOKYO

公演・チケット情報



EVENT LIVE
「ロックのほそ道」
8月15日(水) 福島 郡山市民文化センター 大ホール
「OTODAMA '11-'12 〜音泉魂〜」
9月9日(日) 大阪 泉大津フェニックス

公演・チケット情報



RELEASE

6thアルバム
『ロックンロール イズ ノットデッド』
7月11日(水)発売
3500円(初回盤)
VIZL-477
ビクターエンタテインメント
Amazonでのご購入はこちら


2012.07.11更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ