TOP > 今週のこの人 > POLYSICS

ーー確かに、今のPOLYSICSのアティチュードを歌ってるようにも解釈できるし。

フミ そこはね、いかようにも取れるというか。ただ、ネガティブな感じにはしたくないっていうのはあったかな。トゥーマッチなポジティブさは要らないけど、なんかありそうだなって思える感じ。その”なんか”は、ものすごくいかようにもとれるイメージ。

ハヤシ うん。まるっきしナンセンスなものを目指したわけではなかったよね。

ハヤシ

ーーもちろん、従来のPOLYっぽい勢いやノリもカップリング曲「No Control」にしっかり健在しているわけで。

ハヤシ 「No Control」は俺が作ってきたシーケンスを基盤にして、みんなでセッションしてそれぞれのアイディアを出し合って作ってた曲だから、「Lucky Star」とは対極なんだよね。

ーー「No Control」は従来の作り方、「Lucky Star」は新たなやり方。

ハヤシ そうそう。「No Control」の方がフィジカルな感じなんだよね。言葉の響きとかも含め。

フミ 私、「No Control」にはやたら思い入れが強くて。この曲1曲だけをリピートで聞きながら40〜50分歩いて帰ったことがある(笑)。なんかね、ここまで全体的に口を出した曲は今までなくて。ベースのちょっとしたピッチだったり歌のディレクションだったり、サビのメロだったり。とくにピッチは、疾走感はあるけど不安定な感じを出したくて、あえて不安定な感じにしてるんだよね。

ハヤシ 最初俺が作ってきたシーケンスが不安定な感じだったんだよね。で、最終的に、音楽として人が聴いて不快にならない絶妙なところで直して、このバランスになってるんだけど。すごいそこにこだわってたね。

フミ そこに温かみというか、全部ビチッとあったものよりちょっとズレた、哀愁みたいなものを感じるというか。フレーミング・リップスのメロトロンがちょっとズレたような、ああいう不安定感がいい、みたいな。

フミ

ハヤシ わかるわかる。そこは大事にしてるとこだよね、POLYはね。

ーーそんなPOLYらしさが楽しめる『Lucky Star』の初回生産限定盤には、3月にSHIBUYA-AXで開催された<MEMORIAL LIVE OR DIE!!!〜祝!!! 1000本!!!「おめでTOISU!」と言ってくれ!!!〜>の18曲分のダイジェスト映像を収めたDVDも収録。改めて、ライブの通算が1,000回を突破ってすごいことだなと思いますよね。

ハヤシ AXでやった時は俺らもあんま緊張してなくて、いつも通りやったのが1000本目だった感じなんだけど、当日は客席のおめでTOISU! オーラがすごくて。みんなちょっとでも間が空くと、わーって拍手して「おめでTOISU!」ってすげー言ってくれるのよ。こんなあったけぇAXねぇよ、風呂かよ、ずっと入っててぇよってぐらい、ムードがすげーあったかいの。そこにヤラれた感じはある(笑)。

ーー愛されてますよね〜。歌詞で泣かせるわけでも、バラードがあるわけでもないのに、そうやってお客さんがPOLYに感極まってるのが不思議ではあるけど(笑)。

フミ 心情を重ねる感じの音楽でもないしね(笑)。

ハヤシ そこは捨ててるからね(笑)。まぁ、こっち側は”楽しませたい”っていう思いはあるから、それが伝わってるってことなのかな。だって冷静に考えるとライブのあの空間ってわけわかんないよね。「Toisu!」って言葉自体もそうだし。でも「Toisu!」って言ったら「Toisu!」って返ってくること自体が大事というか。そこで初めて意味が生まれる気がするのよ。そんな大したことじゃないけど(一同爆笑)。普段生活してたら味わえないことだからこそ味わわせたいっていうのはあるから。それが伝わってる人たちをもっとびっくりさせたいよね。いい意味での裏切りっつーか。それは常に思ってる。あと去年のツアーぐらいから急に男性のオーディエンスが増えたんだけど、それも嬉しくて。彼らにとっての”新しいロック”みたいな感じで聞いてもらえてるのかなって。

__だったら最高ですね。ちなみに夏フェス出演の後、ワンマンライブなどの予定は?

ハヤシ とりあえず、10月に結成15周年特別企画で『DJ ハヤシツアー』をやるんですけど、オープニングアクトがPOLYSICS。

ーー出演順、逆じゃなくて?

ヤノ あえてPOLYSICSがオープニングってとこが新しくていいんじゃないでしょうか。

ヤノ

フミ ちなみにこれ、裏タイトルが、「ハヤシの限界に挑戦」ですから(笑)。

Text●早川加奈子 Photo●吉田圭子

PROFILE

メンバーは、ハヤシ(g&vo&syn&prog)、フミ(b&vo&syn)、ヤノ(ds&vo)。’97年、ハヤシによってPOLYSICS結成。’99年にアルバム『1st P』でインディー・デビュー。’00年にはシングル『XCT』でメジャー・デビューを果たす。’10年3月の日本武道館でメンバーのカヨがバンドを卒業し、3人編成に。今年はバンド結成15周年、そしてライブ通算1000回突破とメモリアルな1年である。

オフィシャルホームページ


TICKET

『SUMMER SONIC 2012』
⇒8月19日(日)
QVCマリンフィールド&幕張メッセ

『UKFC on the Road 2012』
⇒8月24日(金)
福岡DRUM LOGOS

『MONSTER baSH』
⇒8月25日(土)
国営讃岐まんのう公園内 芝生広場

『dip tribute -9faces- RELEASE PARTY』
⇒8月31日(金)
渋谷CLUB QUATTRO
※ハヤシ・フミ出演

『ART-SCHOOL「BABY ACID BABY」TOUR 2012』
⇒9月2日(日)
HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2

『BAYCAMP 2012』
⇒9月8日(土)
神奈川県・川崎市東扇島東公園 特設会場

『OTODAMA'11-'12 〜音泉魂〜』
⇒9月9日(日)
大阪・泉大津フェニックス

『BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE』
⇒9月23日(日)
千葉ポートパーク内 特設野外ステージ

『DRAGON DELUXE 2012』
⇒9月29日(土)
名古屋CLUB DIAMOND HALL

『CLUB Que shimokitazawa 「新夜想曲第十八番・ウタゲアリキ」 No.18 anniversary』
⇒10月2日(火)
下北沢CLUB Que

『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2012』
⇒10月13日(土)、14日(日)※どちらかに出演
富山城址公園内自由広場特設ステージ

『結成15周年特別企画 DJハヤシツアー!!! 』Opening Act : POLYSICS
⇒10月30日(火) 梅田Shangri-La
⇒10月31日(水) 池下CLUB UPSET
⇒11月3日(土) 福島Out Line
⇒11月8日(木) 渋谷CLUB QUATTRO

公演・チケット情報



RELEASE

Single
初回生産限定盤 CD+DVD(2枚組)
『Lucky Star』
8月22日(水)発売
1575円
KSCL-2097〜2098

通常盤 CD
『Lucky Star』
8月22日(水)発売
1020円
KSCL-2099
Amazonでのご購入はこちら


2012.08.14更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ