TOP > 今週のこの人 > plenty

みずみずしい歌声と想像力豊かな音作りで、最注目の若手ギターバンドとなったplenty。今年2月リリースの1stアルバム『plenty』 では、その濃密な作品世界が高く評価された彼らだが、早くもそこから一歩踏み出す作品を作り上げたようだ。『3rd EP』に収録された3曲「傾いた空」「能天気日和」「ひとつ、さよなら」 は、それぞれ異なった音楽的趣向を打ち出しつつ、いずれも突き抜けるような開放感をリスナーに伝える仕上がり。“音楽をやることは旅を続けるようなもの”と語るボーカル・ギターの江沼郁弥が、今作が生まれるまでのプロセスをじっくりと明かした。

――2月にリリースされた1stフルアルバム『plenty』を経て、強力な3曲が届きました。制作はいつごろから?

江沼郁弥(vo&g)

江沼郁弥(vo&g)

「アルバムを録り終えて、すぐに作り始めました。でも、少し戸惑いがあったんですよね。『傾いた空』なんかは、イントロからバーッと出てきたんですけど、今までにないスケール感のものだから、“急に引き出しが開いちゃった”みたいな感覚があって。これまでは“こういうテイストの曲で、こんな歌詞で……”とロジックで考えていたところが、無意識に違う引き出しに手をかけて、自然と曲が出てくるようになったというか。確かに変わろうとは思っていたんですけど、急だったので自分でも驚きましたね」

――前のアルバムはplentyのこれまでの歩みや音楽性を“凝縮”した作品だったかと思いますが、今回のEPは色んなエッセンスを“解き放っている”と感じます。

「曲に身を委ねるというか、中から出てくるものをちゃんと表現しきる、というモードなんです。だから、開けた感じがするのかなと」

――最初は“戸惑いがあった”ということで、苦労も多かったと思います。制作には時間がかかった?

「そうですね。『傾いた空』と『能天気日和』は、実は1番まで作ったところで、一度ボツにしています。その後に『ひとつ、さよなら』が出てきたんですけど、これは得意分野の曲というか、これまでの作品に近いものだったので、ホッとして(笑)。そんな中で、“曲に身を委ねる”という今のモードに気づいたんですよね。そこで戸惑いが消えて、『能天気日和』、『傾いた空』の順に仕上げていきました」

――それぞれの曲について聞いていきたいと思います。1曲目に収録された「傾いた空」は、“終わりなき問い”という大きなテーマを扱っているように感じました。

「ある種の諦めじゃないんですけど、“そういうものなんだ”と納得して、“それでもやらなきゃいけない”ことがある……そんな気持ちで書きました。以前は、“なんでこんなことをしなきゃいけないんだよ”と思うような嫌なことがあると、壁を作って避けていた部分があったんですけど、今はそういうことがあっても、“まあ、そういうものだよな。じゃあ、自分はどうする?”と受け入れられる感覚があって」

――そういう感覚が出てきたことで、音楽も変わってきそうですか?

「もともとジャンルを問わず、いろんな音楽を聴いてきたんですけど、楽曲に自然体で向き合うことで、これまでと違う作品が生まれてくるかもしれない。現に、新しく作っている曲も、ちょっと変わった曲になっています。もちろん、いきなりラップをはじめる、みたいなことはないですけど(笑)」

――「傾いた空」では、どんな風景を想像して書いたんですか?

「歌詞にはっきりと反映されているかどうかはわからないんですけど、夕暮れの風景を思い浮かべましたね。オレンジ色が、バッと浮かんできて。だから、ジャケットはイメージ通りの色合いになりました」

――夕暮れというのは一日が終わっていく時間ですが、この曲では“終わらない何かに向かって旅を続けていく”という心象風景が描かれているのが面白いですね。ひとつの決意表明として受け取るリスナーも多そうです。

「そうですね。内側から絞り出したような感覚もあって。僕は曲を作り始めたころから、曲を作り、歌うことで満たされようとしてきた部分があるんです。逆に考えると、曲作りをしなくていい状態が、満たされた状態なのかもしれない。だから、音楽活動自体、本当は“終わらせたい”と思いながら、それでも“旅を続けている”ようなものなんですよね」

――確かに、満たされたら「曲は作らなくていいか」という気持ちになるかもしれませんね。やっぱり、満たされないから曲を作る、というようなところはある?

「あります。満たされたほうがいいような、よくないような、変な仕事ですよね(笑)。そういう意味では、今回の3曲は自分の“空っぽ”具合がよくわかって、ちょっとうれしいような、ホッとしたような気分です」

江沼郁弥(vo&g)

――「能天気日和」はメジャーコードを使った軽快な曲で、聴いていて気持ちよかったです。

「この曲が一番戸惑ったというか、最初にできたときは“オレ、もう終わったかも……”って思ったんですよね。あんまりかわいらしいから、自分のなかで抵抗があったのかもしれない。まだ“自分はこういう曲を歌うべきだ”という思いが、どこかにあったというか。でも、最後まで作り上げてみて、“らしさ”を自分で決めつけるなんてつまらないな、と思うようになって。別にマイナーコードで進むのがplentyらしさじゃないし、“もうちょっと普通のコトを歌っていいんじゃない?”“<グッドモーニング!>から始めてみよう”と。映像としては、朝のドタバタを思い浮かべながら作っていきました」

――<楽天的気質>というフレーズなど、plenty的な問いかけもあるけれど、切り取っているシーンとしては異色かもしれないですね。

「自分でもそう思います(笑)。だからか、書いて面白かった」

――作り終えてみて、引き出しのひとつになりそうですか?

「そうですね。もっと楽しんで曲を作ろうと思うようにもなって。いろんなところに目を向けるべきだし、例えば“遅刻しそうだ”という内容でも、“お弁当に箸がついていない!”なんて話でもいい。もちろん、ただの日記になってしまうと意味がないと思うので、題材はなんであれ、それをどう吸収して、作品に消化するか、というのが大事なんだと思います」

Text●神谷弘一(blueprint) Photo●吉田圭子

PROFILE

歌詞、曲、存在、それぞれが独特。そしてどこまでも確信的であり革新のロックバンド。メンバーは、江沼郁弥(vo&g)、新田紀彰(b)。’09年 にdemo音源「後悔」を1000枚を配布。同年10月に1st ミニアルバム『拝啓。皆さま』リリース。’12年2月には初のフルアルバム『plenty』をリリース。9月21日(金)からは「plenty 2012年 秋 ワンマンツアー」を開催する。
オフィシャルホームページ


TICKET

「plenty 2012年 秋 ワンマンツアー」

⇒9月21日 (金) 金沢 AZ
⇒9月22日 (土) 新潟 LOTS
⇒9月28日 (金) 浜松 Live House 窓枠
⇒9月30日 (日) 仙台 Rensa
⇒10月7日 (日) 広島 CLUB QUATTRO
⇒10月8日 (月・祝) 福岡 DRUM LOGOS
⇒10月13日 (土) 名古屋 Zepp Nagoya
⇒10月14日 (日) 大阪 Zepp Namba
⇒10月21日 (日) 東京 Zepp DiverCity

公演・チケット情報



RELEASE

3rd EP
『傾いた空/能天気日和/ひとつ、さよなら』
発売中
1000円
Headphone music label
XQFQ-1207
Amazonでのご購入はこちら


2012.08.07更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ