TOP > 今週のこの人 > 田中和将(GRAPEVINE)

GRAPEVINE

今年はデビュー15周年イヤーですし、「Club Circuit」以降も何かスペシャルな企画があるといいですよね。

「ま、それはこれから考えます。とりあえずリリースのことは別にして、次の作品に着手したいとは思ってますけどね。だってほら、10周年のときでさえあれでしたからね(笑)。あれから5年しか経ってないんですよ? ま、記念のライブぐらいはやるかもしれないですけど」

田中和将(GRAPEVINE)

実現するといいですね、それ。

「ただ、やるとしても何かやる意味があるようにしないといけないのが面倒くさいですよね(一同爆笑)。だって、10周年のときも意味考えましたもん。古い曲やらなあかんのかなとか。別にやるのはいいんですけど、10年前の曲ばっかりやっても、自分たちの演奏も含めて物理的に構成しにくいというか。見てる側がどういうもんを求めてるのかはわからないですけど、やってる側なりの物理的な問題とか意味合いみたいなものを考えると、面倒くさいなっていう」

現在進行形で進化し続けているバンドとしては、今の姿を見てもらうのがいちばんだとは思うんですけど、ほら、こういうのはお祝いみたいなものですから。

「スペシャルなライブやからってことで、ライブとかから遠ざかってた人も、懐かしい曲聴けるんじゃないかと思って来るわけですよね。そんなときだけに観られてもっていうか(笑)。イマイチそこに何の意味があるのかよくわからないんですよ。お客さんっていうのはそんなもんなのかもしれないですけども。社会生活を営んでる中でのGRAPEVINEの割合なんてそんなもんや、ってことやと思うんですけど。だから(15周年にあたって)何をやっていいのか、何をやるべきなのか。お客さんを喜ばせるっていう意味合いだけでもないわけじゃないですか、こちとら現在進行形でやっとるわけですから」

田中和将(GRAPEVINE)

しかも、こんなにも”変化”や”進化”を感じる『MISOGI EP』を出したばかりだっていうのに、って話ですもんね。

「だから何をやっていいのかわからないんですよ。や、なんかやるかもしれないですけど。だから、やる意味合いを見つけるのに必死です(一同爆笑)」

Text●早川加奈子 Photo●吉田圭子

PROFILE

'97年ミニ・アルバム『覚醒』でデビューをしたGRAPEVINEのボーカル&ギター。GRAPEVINEは今年デビュー15周年を迎える。また、サポートメンバーの高野勲とともにPermanents(田中和将&高野勲)としても活動中。


TICKET

4月13日(金)福岡BEAT STATION
4月15日(日)高知X-pt.
4月18日(水)梅田クラブクアトロ
4月19日(木)広島クラブクアトロ
4月21日(土)長野CLUB JUNKBOX
4月26日(木)札幌PENNY LANE24
5月1日(火)渋谷CLUB QUATTRO 
5月2日(水)渋谷CLUB QUATTRO

公演・チケット情報



RELEASE

<限定盤>
ミニアルバム
『MISOGI EP』
2月15日発売予定

2800円
数量限定 完全盤ペーパー・スリーブ仕様(CD+DVD)
ポニーキャニオン
PCCA-03542

<通常盤>
ミニアルバム
『MISOGI EP』
2月15日発売予定

1800円
オーディオ盤(CDのみ)
ポニーキャニオンPCCA-03543


2012.02.14更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ