TOP > 今週のこの人 > 藤本美貴

藤本美貴

藤本美貴

――自分の下の世代、ハロプロの後輩メンバーと接するときに<世代の違い>を感じることはありますか?

「ありますね。わたしの世代ってモーニング娘。の中ではギリ体育会系な感じだと思うんですけど、その下からはけっこう仲良しな感じだったりします。上下関係もいまより昔のほうがあったと思うし。それはモーニング娘。だけじゃなくて、違うグループでもそういうのは感じますね」

――そんな後輩の姿を外から見ていて「もうちょっとピシっとした方がいいんじゃない?」とか思うこともあったり?

「そう思うときもありますよ(笑)。でも別にわたしはモーニング娘。のOGっていうだけで、今のモーニングのプロデューサーでもなんでもないので、『どうぞどうぞ』と。つんく♂さんが見ててくれれば大丈夫だろうと思ってます。だって昔がすべていいわけじゃないですしね。メンバーも変わってるし。昔いたメンバーがいま誰ひとりいない状況で、"昔を守れ"って言ったところでわからないし、それは無理だと思うし。いまいる人たちのやり方ってものがちゃんとがあるから、その中でなあなあじゃなくちゃんとするところはする、っていうのがあるといいですけどね」

藤本美貴 写真

藤本美貴

――そうやって新陳代謝を繰り返しながら、新しいモー娘。像を作り上げていくのが面白いですよね。人前で歌う経験としては、震災後には被災地を訪れて避難所で歌われたということで、特殊なシチュエーションだったと思うのですが、そこで得たものはありますか?

「歌ってすごいなって思いました。懐かしい曲を聴くと、当時のことを思い出して感動して泣けたり、テンション上がったりするじゃないですか。そういうのって改めてすごいなって。被災地を訪問したとき、つんく♂さんが『シングルベッド』を歌ったんです。あの曲って最後にはひとりになっちゃう歌じゃないですか。だから(被災地で歌うのは)どうなんだろうってすごい悩んでたんですけど、被災地の方になんの曲を聴きたいか聞いたら、普通に『シングルベッド』の名前が出てきて、それを聴いて感動して泣いてくれている方がいたりとか。1曲1曲に人それぞれの思い入れがあって……音楽ってすごいなって思いました。

今回のライブも、新曲や新しいアルバムを引っさげてやるわけではないので、久々に歌うような懐かしい曲もやるんです。わたしと同い年くらいの方は、ソロをやっていた10年前はちょうど中高生のころなので、青春時代を思い出すような感じでライブを楽しんでくれると嬉しいです。この10年でわたしも結婚して出産もしたので、ファンの方でも子どもがいる方も多いかもしれないですよねえ」

――お互いに年を重ねてきた中で、藤本さんの楽曲とともに青春時代を過ごしたファンにとってはたまらないライブになると思います。藤本さんは2月の誕生日で28歳を迎えるわけですが、ということは10年前のデビュー当時は17歳ですよね。そのころに<10年後の自分>って、想像していましたか?

藤本美貴 写真

藤本美貴

「いやー、もう想像つかないですね! まず結婚してないと思ってましたもん。27まではひとり身くらいに思ってたので。だって17歳のときは、モーニング娘。に入るってことすら予想してないですし。ひとりでデビューしたのにグループに入るっていう、絶対ないと思ってたことが1年後に起こって(笑)。なので全っ然想像つかなかったですね、10年後なんて」

――それこそダンスもちゃんと踊れないころですもんね。いま思い返してみて、大変でしたか?

「大変でしたね。バタバタな10年間だったと思います。なので今回のライブは、わたしの色々あったバタバタの10年を表したライブになると思います(笑)。あとわたしの中ではけっこう節目と言うか、かわいいミキティはこれで歌い納め、"ミキティ第1章"はここまでかなと思っています。なので、とにかく楽しんでほしいですね。1日しかないですし、もうお祭りってことで騒ぎに来てください!って感じです。そのためのライブハウスなので。ハロー!プロジェクトって、いまでは当たり前になった"ヲタ芸"が生まれた場所なんですね。だからヲタ芸やりたい人はヲタ芸をガッツリできる、おもいっきりはしゃげる場所にしたくて。で、10年前のソロツアーの初日がZepp Tokyoだったので、ここにしようと」

――会場選びから選曲まで、ファンの方のことを考えて作る、まさにファンのためのライブというわけですね。では最後にもうひとつだけ。<この先の10年>に関して、いま思うことはありますか?

「いまは家族がいるので、女性として家族のことをいちばんに考えなきゃいけないとは思うなかで、やっぱりお仕事も好きなので仕事もできる範囲でがんばりたいなとは思いますけど……どうなってるんですかね? 10年後だと 37、38歳……すごいですよね。想像つかないですね! いまの子どもが小学校高学年かあ。そのころにはもう産み終わっててほしいですね、全員(笑)」

デビュー10周年記念LIVEを開催する藤本美貴からメッセージが到着!!

藤本美貴 写真

藤本美貴

取材・文:篠崎 聡(ぴあ) 撮影:玉越 信裕

PROFILE

ふじもと みき 歌手・タレント。1985年2月26日生まれ。北海道出身。'02年にソロシンガーとしてデビュー。「ミキティ」の愛称で愛されたのち、モーニング娘。に6期メンバーとして加入。品川庄司の庄司智春と結婚し、今は一児の母。モー娘。OGメンバーとドリームモーニング娘。を結成。この春デビュー10周年を記念して、3月24日(日)に10年ぶりとなる一夜限りのソロライブ『藤本美貴10周年記念!大感謝ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」』を開催。
藤本美貴 公式サイト
Miki Fujimoto Official Blog


TICKET

『藤本美貴10周年記念!大感謝ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」』

3月24日(日) 13:30開場/14:30開演、17:00開場/18:00開演
Zepp Tokyo (東京都)
1F全自由-6800円
発売中

公演・チケット情報



INFORMATION

ウレぴあ総研【感謝祭ライブ開催】藤本美貴、最後の"ミキティ"に!? ソロからモーニング娘。の10年をふり返る「全員がライバルだった」

ウレぴあ総研でも、藤本美貴の特集ページを公開中!
こちらもあわせて是非チェックして。

ウレぴあ総研 藤本美貴



2013.03.07更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ