TOP > 今週のこの人 > 藤本美貴

藤本美貴

藤本美貴

'02年にソロシンガーとしてデビュー。「ミキティ」の愛称で愛されたのち、モーニング娘。に6期メンバーとして加入。品川庄司の庄司智春と結婚、モー娘。OGメンバーとドリームモーニング娘。を結成、そして出産……ざっと上げただけでも、藤本美貴がデビューから今日まで辿ってきた10年間は、濃密かつ激動の道のりだった。かつて17歳だった少女も、今は立派な一児の母。この春デビュー10周年を記念して、3月24日(日)に10年ぶりとなる一夜限りのソロライブ『藤本美貴10周年記念!大感謝ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」』を開催する彼女に、ライブのこと、デビューからの10年間のこと、そしてこれからの10年について聞いた。

――そもそもライブは好きですか? それとも苦手ですか?

「好きですね。なかなかテレビとかだと直接ファンの方と会う機会がないじゃないですか。ライブとかイベントだと直接生の反応も見られるし、そのときにしかできないことができたりするので」

――CDでリリースした曲をライブで歌ってみて、客席から予想外の反応が起きることはありますか?

「予想外と言うよりも、わたしたちのファンの方ってけっこう踊ってくれたりとか、合いの手を入れてくれたりするんですけど、そういうのってテレビとかCDだともちろんないじゃないですか。どこに合いの手が入るんだろう? っていうのは楽しみだったりしますね」

――ライブの幕が開くまで、どんな合いの手が入るかわからないわけですもんね。ツアーだと日程が進むにつれて変化したりするのでしょうか。

「変化というより、合いの手をしてくれる人数が変わりますね。最初は一部の人たちだけだったのが、だんだん広く浸透していったりとか」

――なるほど、内容ではなく数が変わるんですね。ではお客さんのリアクションとは別に、単純に歌うことや踊ることは好きですか?

藤本美貴 写真

藤本美貴

「歌うことは好きですけど、踊ることは元々は好きじゃなかったです。できれば止まって歌いたいタイプ(笑)。元々踊れるわけじゃないし、ステップも踏めない状態から始めたので、当然どっちかと言えば苦手でした。でもモーニング娘。だったりソロだったりでお仕事をしてみて、踊れるようになってくると、振付けがあるからこそ楽しめる部分も出てきました。曲によっては『これはダンスないとやっぱダメだね〜』っていうこともありますし」

――1月にはハロー!プロジェクトのライブにサプライズ出演して、『ロマンティック浮かれモード』を披露しました。ライブ自体も久々だったと思いますが、いかがでしたか?

「ライブ自体がどうと言うよりも、おそらくファンの人もわたしもいちばん思い入れのある曲を歌わせてもらえて、会場もすごい一体感があったので、歌っててすごく楽しかったですね」

――緊張しました?

「緊張しました! 今回ほとんどリハーサルの時間がなかったので、『歌えるかしら!?』みたいな(笑)。ステージング(ステージ上での動き)をつけるのも当日だったりして。この曲を歌うのも数年ぶりだったので、歌詞も気になったし。あとひとりだったので」

藤本美貴 写真

藤本美貴

――例えばモーニング娘。とソロで、ステージに立つときの"気の持ちよう"に違いはあるのでしょうか?

「基本的にはモーニング娘。にいるときも"何分の一"という気持ちでステージに立っているわけではないので、それでソロのときと気持ちやパフォーマンスが変わることはないです。いちばん変わるのは歌詞の分量なので、覚えられるかなっていう(笑)ソロはそこがいちばん不安ですね。逆にモーニング娘。の方が緊張する部分もありますよ。振り付けも全員が揃わなきゃいけないので、間違えたらすぐわかるし。移動も間違えたらぶつかっちゃうし」

――そういったパフォーマンスのクオリティの高さという面でも、ハロー!プロジェクトのパフォーマンスや作品が改めて評価される機会が増えてきている気がします。

「こんなに踊ってる中で生歌っていうのも改めてすごいなって思うし、本人たちもすごいこだわってやってるので。振りV(振付け用のVTR)も何回も見て『ここ揃ってない』とかメンバー同士ですごい言い合ったりして、お客さんに見せるものとしてクオリティにはすごいこだわってやっています。そういう部分はモーニング娘。以外の、後輩のBerryz工房や℃-uteとかにも引き継いでいってほしいなって思いますね」

インタビューの続きを読む

デビュー10周年記念LIVEを開催する藤本美貴からメッセージが到着!!

藤本美貴 写真

藤本美貴

取材・文:篠崎 聡(ぴあ) 撮影:玉越 信裕

PROFILE

ふじもと みき 歌手・タレント。1985年2月26日生まれ。北海道出身。'02年にソロシンガーとしてデビュー。「ミキティ」の愛称で愛されたのち、モーニング娘。に6期メンバーとして加入。品川庄司の庄司智春と結婚し、今は一児の母。モー娘。OGメンバーとドリームモーニング娘。を結成。この春デビュー10周年を記念して、3月24日(日)に10年ぶりとなる一夜限りのソロライブ『藤本美貴10周年記念!大感謝ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」』を開催。
藤本美貴 公式サイト
Miki Fujimoto Official Blog


TICKET

『藤本美貴10周年記念!大感謝ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」』

3月24日(日) 13:30開場/14:30開演、17:00開場/18:00開演
Zepp Tokyo (東京都)
1F全自由-6800円
発売中

公演・チケット情報



INFORMATION

ウレぴあ総研【感謝祭ライブ開催】藤本美貴、最後の"ミキティ"に!? ソロからモーニング娘。の10年をふり返る「全員がライバルだった」

ウレぴあ総研でも、藤本美貴の特集ページを公開中!
こちらもあわせて是非チェックして。

ウレぴあ総研 藤本美貴



2013.03.07更新

今週のこの人 ラインアップ

  • 山田和樹
    小澤征爾も実力を認める注目の指揮者。クラシック音楽界が熱い視線を注ぐホープの“今”に迫る!
  • さまぁ〜ず
    2年ぶり、9回目の 『さまぁ〜ずライブ』開催。 稀代のコント芸人が、ライブにこだわり続けるそのワケは?
  • 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    10年連続Jリーグベストイレブンにも、代表最多出場記録にも歩みを止めない。稀代のMFの飽くなき向上心に迫る
  • 堀北真希
    あくまでも、自然体。 2度目の舞台に挑戦する“国民的女優”の素顔
  • 藤原竜也
    舞台で演じ続けてきた実体験を、 「人生の蓄積」と呼んで胸に刻む。若き天才の次なる挑戦とは…。

バックナンバー一覧へ

100問突撃!インタビュー 100Q



バックナンバー一覧へ

ページTOPへ