@ぴあTOP > インタビュー > シャリース

Interview

シャリース
  日本への愛を込めたスペシャルなアルバムとは・・・

シャリース

Text●早川加奈子

みんなと共有 mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

米国の大人気ミュージカル・ドラマ『glee/グリー』への出演も話題の19才のR&Bシンガー、シャリース。フィリピンで生まれ、その天性の歌唱力がYouTubeや米国の人気TV番組で話題となり、大物プロデューサー、デヴィッド・フォスターのバックアップで全米デビュー。まさにシンデレラ・ガールと呼ぶにふさわしい彼女が、10月5日にニュー・アルバム『∞ (インフィニティ)』を発表。震災で傷ついた日本への愛を込めたというそのスペシャルなアルバムと、意外な今後の野望について話を聞いた。

今まで私をサポートしてきてくれたファンの方たちに少しでも何かお返しが出来たらなって

――話題曲満載のニュー・アルバム『∞ (インフィニティ)』ですが、日本への愛を感じる曲があったりと、これはちょっと特別なアルバムなのかなという印象を受けました。

「実際に特別なアルバムなんです。とくに『∞ (インフィニティ)』というタイトルは日本の人に捧げたくてつけたから。ちょうどアルバムのことを考えてた時にふと、<8>という数字を思いついて。ほら、ビヨンセ(『4』)やアデル(『19』、『21』)も数字をアルバムにつけてるでしょ? それに8を横にすれば、終わりのない愛や希望を意味する無限大のサインになる、これを日本の人たちに捧げたいなって。3月に大震災が起きて、まだまだ日本は大変な状況だと思うけど、明日というものは必ず来る。その希望だけは忘れないでいてもらえたらいいな、という気持ちを込めました」

――嬉しいですね。震災のことはTVで知ったの?

「そう。2月に日本に来たばかりだったからとてもショックだった。ちょうど今回のアルバムをレコーディングしていた時だったから新作は日本の方たち……とくに愛する人を失ってしまった方たちに捧げたいなと思って作りました」

――それはあなた自身、幼い頃から家計を支えるためにがんばってきた中で、歌や音楽に救われてきた経験があるから?

「そうだと思います。大地震の経験こそないけど、私自身つらい経験をたくさんしてきたし、そういう時に歌にずいぶん救われてきたから。それに、今まで私をサポートしてきてくれたファンの方たちに少しでも何かお返しが出来たらなっていう思いもあったの」

――そんな今回のアルバムには、ブルーノ・マーズやJOJO、ナターシャ・ベディングフィールドなど多くの素晴らしいプロデューサーやアーティストが参加してますね。

「今回も素晴らしい方々と仕事が出来て、私はすごく幸せ者だと思う。ゲーム好きとしては、大好きな「ファイナルファンタジー XIII-2」のテーマソング「ニュー・ワールド」が歌えたのも夢が叶った気分! この経験を活かして、3枚目のアルバムではもっといろんなことに挑戦したいなと思ってるの」

――CM曲でもある「ワン・デイ」は、あなたと同じ10代のジョナス・ブラザーズのニックのプロデュース曲ですね。

「ニックは同い年とはいえ成熟した大人のアーティストって感じで、すごく心地よく仕事ができたし、ぜひまた共作してみたいわ」

――今後共演してみたい人はいる?

「大スターだから実現は難しいかもしれないけどレディ・ガガ。彼女は本当に素晴らしいアーティストだし、インタビューを見ててもリアリティのある表現者だなって思う」

――ところで、日本人が親しみを感じずにいられないほど小柄でキュートなシャリースですが、ステージではもちろん、ドラマ『glee/グリー』でも長身の共演者たちに負けないその存在感の秘訣は?

「周りが大きいから逆に目立つのかもしれない(笑)。カワイイね、12才ぐらい? 19才ですけど! みたいな(笑)。ライブの後はいつも、“こんな小柄なのに歌がパワフルですごい”って言われるんだけど、小柄だからこそ歌に注目が集まるのかも。でも日本だとあまりみんなと変わらない気がするから、日本に来るのが大好きなの(笑)」

――今後も音楽と女優業は両立させる予定?

「もちろん歌が最優先だけどね。今後は今までとは違う役柄に挑戦してみたい。だっていつもダサい生徒役だから、そうじゃないシャリースも見てもらいたいのよね。例えばホラー映画の被害者じゃなくて殺人犯役とか」

――ホラーに出たいディーバって……。

「ううん、私はディーバじゃないの! 歌やダンスが大好きで、それをみんなと分かち合いたいだけのフツーの女の子。ただ、映画の中で恐ろしい殺人犯になりたいだけ(一同爆笑)。『glee/グリー』では生徒役だし、ついこの間も『ヒア・カムズ・ザ・ブーン』っていう新しい映画の撮影をしたんだけど、それも生徒役だから、次は『呪怨』とか『リング』の貞子みたいな役がいいな。(髪で顔を隠してTV画面からはい出る格好をして)あ゛あ゛あ゛あ゛あ〜〜〜〜〜」

――うわ〜夜中には会いたくないかも〜〜。

「そういう反応が見たいの(笑)。 美しい曲やハッピーな曲を歌うシャリースがいる反面、殺人犯のシャリースもいる、みたいなギャップも楽しいでしょ?」

――とりあえずは、『∞ (インフィニティ)』のツアーでまた日本に来てくれる日を楽しみにしてますね。

「来年の始めにアジア・ツアーをする予定なので、すぐまた日本にも来れると思います。今からすごく楽しみ! その時はみなさんライブに来てね。でないと貞子みたいにTVの画面から出て来ちゃうよ(一同大爆笑)」

これから日本にやってくる海外アーティストをPick UP・・・・・・「特集★来日アーティスト」へ

ページTOPへ

インタビュー一覧へ戻る

おすすめトピックス

オススメキーワード【PR】

PROFILE

シャリース
‘92年5月10日生まれの19歳。1stアルバム『CHARICE/シャリース』がアジア人初の快挙となる全米アルバム・チャート初登場8位を記録。日本でも20万枚の売上げを突破。また、人気ドラマ「Glee」へ出演するなど女優としても活躍している。
公式サイト

INFORMATION

「お気に入りに登録」しておくと、先行発売「プレリザーブ」の実施や追加券の販売などの情報をメールでお届けします。

ALBUM

『∞(インフィニティ)』

『∞(インフィニティ)』
発売中
1980円
WPCR-14269
ワーナーミュージック・ジャパン

@ぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

ページTOPへ