@ぴあTOP > インタビュー > ONE☆DRAFT

Interview

ONE☆DRAFT デビューから3年 初の全国ツアーへ

ONE☆DRAFT

6月に2ndアルバム『DREAMAKER』をリリースした3人組みユニットONE☆DRAFTが、本作を引っさげていよいよ初のワンマンツアーを実施する。ワンマンツアーを控えた彼らにライブにかける意気込みを聞いた。

Text●道明利友

終わった後に反省しないくらいライブには自信がある

――初のワンマンツアーがついに決定しましたが、最近のライブの手応えはどうですか?

RYO「すごくいいですね! 僕的には、お客さんの雰囲気だったり自分自身の感覚だったり、色んなものをキャッチできてるような気がするんですよ。デビューしてもう3年になりますけど、そのなかでも一番いいんじゃないかなと思うぐらい。ライブってやっぱり生ものだから、ずっとやり続けていかなきゃいけないんでしょうけど、やればやるだけそういう感覚が身についてくるのかなって。」

DJ MAKKI「最初のうちは、DJっていう自分の立ち位置的にちょっと迷いもあったりしたんですけど……。最近はもう迷いなく、楽しく! CDでは自分が入ってないとこもライブでは歌っちゃったりとか(笑)、ガンガン参加して。結構、気の赴くままに、自由にやらせてもらってます。」

LANCE「歌に関しては、CDで聴く歌をそのままライブで綺麗に再現するのは、ある意味無理なんですよね。だから、ライブはそれ以上の何かを……。スピーカーから声が出てるっていう感覚じゃなくて、(胸を指差して)ここから声が出てるみたいな光景を、目の前で体験してもらって。CDで聴く以上の"抑揚感"みたいなものをお客さんにも感じてほしいし、歌ってる僕らも感じたくて。」

――CDしかまだ聴いたことがないリスナーは、ライブならではの熱い雰囲気をぜひ感じてもらいたいですね。

LANCE「そうですね。そういうライブを僕らはずっとやってきて、今後も変わらずやり続けていくんだろうなっていうのは、ライブのコミュニケーションの快感ってものを知ってるからじゃないかなと思います。」

――初のワンマンツアーは『DREMAKER』の新曲がメインになると思うんですけど、あのアルバムをあらためて振り返ると、皆さんにとってどんな作品になったと思いますか?

RYO「僕的には、なんか“1stアルバム”みたいな感覚があるんですよね。本当の1stアルバムのときは自分たちの名刺代わりとして出したような感覚があったんですけど、今回のアルバムは、それとはまたガラッと違う曲が入れられたっていうこともあって。」

――『情熱』みたいなアッパーな曲もあればしっとり聴かせる感動な曲もたくさんあって……。たしかに、新たな面を色々と見せて幅が広がったアルバムだったと思います。

LANCE「そうですね。だから、ジャンルを聞かれたら困るんですけど、逆に。CD屋さんでどこの棚に置いてあんだろ、みたいな。」

DJ MAKKI「たしかに(笑)。それくらい色んなことをやってるから、トラック的にも2人からは色んな注文をされるんですけど、そのぶんだけ応えようと思って頑張れますよね。ジャンルというよりも、その1曲をどう綺麗に仕上げていくかが重要なんで、トラック作りにおいては。曲、歌詞をあくまでもメインに聴いてもらえることを意識しつつ。」

LANCE「そうだね。今度はロックやろうよとかレゲエやってみようよとか、あるジャンルに挑戦しようみたいな話になったことは一度もないんです。なんか、こう……。夏の花火のシチュエーションの曲作ろうよってなったら、自然とレゲエ調の曲ができたり。寝る前に落ち着いて聴きたいようなものとか、逆に朝に"起きねぇと!"ってときに似合うものとか(笑)、その時そのときのテンションによって聴きたい曲もジャンルも変わってくるじゃないですか。一日の流れの中で、僕が好きな音楽の中には色んな人が登場してくるんで、元々持ってるそういう感覚から曲を作っていくと自然と幅も広がっていきますよね。朝から夜までの一日の流れだったり、喜怒哀楽だったり……。そういうものが表現されてるアルバムになったんじゃないかな、と。」

――どこのジャンルに置いても通用しそうな曲が並ぶということは、ライブもバラエティに富んだ内容になりそうな予感がします!

RYO「そうですね。もう本当に、僕らの音楽を素直に受け止めてもらって、一緒に楽しんでもらえればいいなって思います。だから、あんまり大きく期待もせずに……(笑)。もちろん期待をしてもらって全然いいんですけど、あまりカタく考えずに来てもらえたらいいなって。普段のライブとまたちょっと違うこともやろうかなと考えてるんで、そういうところはぜひ期待してもらいたいんですけど……。肩肘張らない感じで楽しんでほしいです。」

DJ MAKKI「うん。変に構えず、純粋に観てほしいというか。ワンマンでしかやらないこともたぶんやるはずだし、どの曲も全部が100パーセントが僕らなんで。ライブを観たあとにまたCDを聴いたら、また違った聴こえかたになるんじゃないかと思うんで……。そういうところでは、色んな楽しみかたをしてもらえるんじゃないかなと思います。」

LANCE「ライブで歌うときは、変な話、歌詞を間違えたりしてもごまかさないでそのまま突っ走ったりとか……。言ったら、やりたい放題やってて(笑)。良いのか悪いのかはわからないけど、そうやってこれまでもずっとライブをやり続けてきたんで、そこは自信があるんですよ。ライブする前も、やってる最中も、終わってからも反省がないぐらい。 」

――いっさいの迷いがないくらい無我夢中で、自分を出し尽くしてるような感覚というか。

LANCE「そうですね。○○○出しちゃうぐらいの感覚ですよね(笑)。」

――下ネタはやめてください(笑)。でも、心情的には、ライブは小細工なしの真っ裸で臨んでる、みたいな。

LANCE「はい(笑)。今までもライブでは色んなとこに行ったんですけど、今度のツアーは僕たちのためにチケットを買って来てくれる人たちばっかりになりますよね。その人たちに僕は、歌ってほしいんですよ。声には出なくても、口が曲に合わせて動いててくれるだけでも嬉しいし。て、いうのは……。色々悩んだりとか、何か心にモヤモヤしてるものをしまってるときに友達とカラオケに行ったりしても、僕は友達の歌も耳に入らないし、どんなにいい曲を歌っても気持ちよくないんですよね。でも、もし何か悩みがあったりしても、それを跳ね返すぐらいのパフォーマンスを、ステージではやらなきゃいけないなって。で、それを観てくれる人にも何か悩みがあっても、それを跳ね返すぐらい歌って、笑って帰ってもらえるものを僕たちが巻き起こさなきゃダメだなっていう。僕ら自身が、誰にも負けないくらい楽しんでやるっていう気持ちで臨むので……。来てくれる人もそれに負けないくらい楽しめるもんなら楽しんでみやがれ、って気持ちですね(笑)。」

インタビュー一覧へ戻る

おすすめトピックス

オススメキーワード【PR】

MOVIE

動画コメント配信中!!

ONE☆DRAFT

動画はWindows Media Playerにて視聴できます

PROFILE

ワン☆ドラフト
LANCE(MC&Vo)、RYO(Vo)、DJ MAKKI(DJ)からなる帝京高校野球部出身の同級生3人組。2007年3月に『フルサト』でデビューし、今年1月に発売したシングル『アイヲクダサイ』が配信で50万ダウンロードを突破するヒットを飛ばした。6月には2ndアルバム『DREAMAKER』をリリースした。
公式サイト

INFORMATION

  • 初のライブツアー「DREAMING TOUR2009」を全国5か所で開催!11月23日(月・祝)石川・金沢AZ、29日(日)福岡・ROOMS、12月1日(火)東京・CLUB QUATTRO、4日(金)愛知・名古屋ELL、6日(日)大阪・心斎橋クラブクアトロの全5か所。9月26日(土)より一般発売。
  • チケット情報

お気に入りのアーティスト・劇団・俳優などを「Myアーティスト登録」していただくと 先行販売「プレリザーブ」の実施や追加券の販売などをメールでお届けします!

ALBUM

アルバム『DREAMAKER』

『DREAMAKER』
発売中 / AICL-2033
3300円 /ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ

Amazonで購入

@ぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

ページTOPへ